« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

暮れましてお疲れ様

 今年は2冊しか本が出せなくて申し訳なかったですよ。年頭には4冊とか言ってたのに。かっこ悪い。
来年は調子を戻したいところです。
現在は3月あたりに出るはずの短編を執筆中。目指せ年内完成、あと13時間だ!

それでは皆々様、一年お疲れ様でした。
来年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

自然と人工の

Cimg868802


岡山上空9000メートルから、瀬戸内を望む。

Photo_2


阿蘇火口。
鉱石売りの老人がいたので見に行ったら、硫黄結晶を指差して「これは東側。家の東に置くと家運が上がるから!」こんなところでも風水か。
思わず「そういうのはいいから」って言い返してしまった。

20061226_kiku8_pic4l


最初はキャプションなしで見たので、シリコンウェハー上の回路基盤だと思ってしまった。
先日打ち上げられたJAXAの通信衛星(技術試験衛星)、きく8号の受信アンテナを、衛星自身が撮ったもの。
幅20メートルにもなる大型アンテナを畳んで持っていって、うまく広げた。
できるものならそばで見てみたい。

そして送信アンテナの展開も成功!
(23時半、追記)
20061226_kiku8_pic42l

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

ニセ偽科学

大阪大、まん延するニセ科学を見分ける機器開発
しまった、なぜこれを思いつかなかったのか。

前後の脈絡をここで紹介していないのでアレですが、なんだこりゃと思った方は「水からの伝言」でぐぐってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

リトルワールドへ行ったら

定休日だった。
ネットで調べて割引チケットまで印刷して持っていったのに、日にちを覚え間違えるというていたらく。いやはや。

ダウンジャケットにフリース内張りのズボンでSRに乗っていった。ずいぶん寒かったが、それでも道端の気温計が15度を示していたので驚いた。
15度であんなに寒いなら、真冬に乗るのはとても無理だ。

Photo


Photo_1


画像は「若い太陽の塔」
いや、ほんとにこういう名前なんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月14日 (木)

クラークの

 楽園の泉を読み直していたら、インターネットと検索エンジンとメルマガ(あるいはブログ)のことが書かれていた。まったくこの人は。
 ただ、さすがにそれが私企業の仕事になることまでは予測されていなかった。出版からわずか27年後には当たり前になっていることも。(作中設定は2150年頃)

| | コメント (5) | トラックバック (2)

ジョン平とぼくと2巻

大西科学さんの「ジョン平と去っていった猫」が15日に発売されますよ。

私は本をいただいたので先に読んでしまいました。今回も面白かったです。冒頭、いきなり太陽内部の核反応から始まるので、何事かと思った。ゆったりした動物村みたいな世界観は相変わらず。
理系の方もそうじゃない方も、ぜひ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

雑誌アスタ[asta*]3号

 昨日発売です。今回第3話は、多国籍都市を舞台にジャングルの別荘を売る不動産業の女と、生態学者の女のコンビのお話です。
Save0001


ただ、この雑誌は販売物ではなく頒布物(配るもの)という扱いなので、置いていない書店もあるそうです。この辺の流通システムがどうなってるのか、私にもよくわからないんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

月に願いを

 JAXAの大型月探査機セレーネが、一般の方の署名を集めています。

http://www.jaxa.jp/pr/event/selene/index_j.html
http://www.planetary.or.jp/selene/(携帯アクセス用)

 名前とメッセージをJAXAへ送ると、シートに印字され、探査機が月へ運んでいってくれるという寸法です。打ち上げは07年の夏。何十年か後に誰かが月で開封して、おやおやと思ってくれるでしょう。
以前も同じキャンペーンがありました。幾多のトラブルを乗り越えて、火星到着寸前までいった探査機「のぞみ」や、太陽の反対側の地点まで出かけた、小惑星探査機「はやぶさ」も、署名を運んでいきました。それぞれ27万人と88万人。私はのぞみには参加しましたが、はやぶさの時は忘れてました。
さあ、今回は何人行くかな。

試しにいま参加してみました。フォーム形式で、名前とメッセージ(20文字)、年齢、性別、都道府県とメアドを入力。送信すると、折り返し確認メールが来るので、メールのURLをクリックして終了。ちょっとめんどいな。でも、前は葉書だけだったんじゃなかったか。
参加資格は自由なようです。国籍、宗教、イデオロギー問わず。

こりゃあれだな、こちら郵政省特配課の中で、鳳一と美鳥がぶっ潰しちゃったプロジェクトだな。
成功しますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »